感情移入で引き寄せられる夢

July 19, 2018

こうすれば「なりきり波動」がすぐ出せる

主役はあなた

 

 

願望実現の本やセミナーなどでよく見たり聞いたりする言葉に「なりたい人・性格になったつもりで生活する」「既にそれを手に入れたかのように振る舞う」という考え方があります。過去のブログでもこの考え方について何回か書いてきました。

 

「既にお金持ちです♪」と思って過ごすと「私はお金持ちである」という波動や念が発信され、この状況が引き寄せられるということ。

 

逆に、「なりたい!」と考えることは「実は、今はまだそうなっていないのです…」という「不足」の波動や念が出され、「まだそうなっていない」という状況が引き寄せられてしまい、結果として願望実現ができない…というもの。

 

 

でも実際、そうなっていないのに心の底から「なったつもりで…」というのは難しい

 

入手していないのに、「持っているつもりで…」というのは無理がある

 

 

という声が聞こえてきそうです。その意見、ものすごくよくわかります。現実の自分となりたい自分にはものすご~く差がある。こんな気分の時に「既にそうなったつもり」になれる、その気分を味わえるよい方法があるのです。

 

 

なぜそれを知らないといけないの?

 

その方法を実践すると、最初は「今の自分」でいたつもりでも、一定時間が過ぎると今の自分は忘れることができ、「なったつもり」の別の世界に没頭することができるからなのです。
 

 


その方法とは?

 

自分がなりたいシチュエーションの「本を読む」「映画を見る」ということです。あまりに簡単なことでがっかりしないでくださいね…。でも、思い当たることはありませんか?本や映画を見て主人公になりきり、感情移入して笑ったり、泣いたりしてしまった経験…。ヤクザ映画を見た後のお客さんは…みな何故か斜に構え、肩で風を切って歩いていたり。ハッピーエンドのラブロマンスを見た後は、皆にこやかな笑顔で映画館を後にしていますよね。

 

その本を読んでいる時間、映画を見ている時間は主人公になりきっているので、確実に「なったつもり」の波動が出ています。なので、自分がなりたい・実現したいストーリーに近い映画や本を見て、どっぷり感情に浸ることが、願望実現につながるのです。

 

 

 


実際にどうすればいいの?

 

自分の「なりたい」に近い映画や本を「モデル・お金持ち、子供たちの笑顔」などとgoogleやyahooで検索し、さっそく見てみましょう。この時、ハッピーエンドのストーリーをお勧めします。感情移入して「それになったつもり・すでに手に入れた状態」の波動を出しその現実が引き寄せられるのですから、悲しいストーリーや暗いお話はNGです。

 

 

楽しく幸せな気持ちにどっぷりひたり、感情移入することであなたの夢がちかづいてくる♪ さらに、寝る前にまたその日に見た内容を思い出し、楽しく妄想してくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

あなたの未来をアートにして額装します

 

夢を叶えたい方・起業家の方向け

コラージュアート専門店 Tomorrow Frame

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事