なぜ夢を目に見えるカタチにすると叶うのか?


夢のイメージを可視化し、実現させた一例を公開

秘密は「目標から目を離さない」

夢コラージュ作家として活動すると同時に、「夢のイメージに近い写真や絵を画用紙に張り付け、眺めることで願望実現」させる「夢かなマップ」というワークショップの講師としても活動しております。

2017年4月にこちらのワークショップに参加、コラージュを制作し一つの夢を実現させたNさんの実例をお伝えします。

一番左側がNさん

なぜ夢のイメージを見えるカタチにすると叶うのか?

その一つの理由に「目標から目を離さない」というものがあります。

日々の生活の忙しさに追われ、夢・目標への情熱が次第に薄れてしまう...そんな経験はありませんか?「夢を貼り付けたコラージュ」をリビングや寝室など目に付く場所に飾り、常に意識することで夢のイメージの情報が潜在意識にどんどん刷り込まれ「夢のために行動する」ことの優先順位を上げることができます。そのことがいかに自分にとって重要であるか、脳が認識し行動できるようになります。

くじけそうなときに励ましてくれる存在

Nさんは小学一年生と保育園に通う二人のお子様のママ。フルタイムでお仕事をされており、お子様の習い事にも熱心な頑張り屋さんです。Nさんの夢は「家族旅行で沖縄に行く。そして一級土木管理技士の国家資格を取得し、いつかは夫婦でガーデニングのデザイン・施工会社を設立する」こと。

そこで「夢かなマップ」ワークショップでは真っ白い画用紙いっぱいにそれらのイメージに近い写真を貼り、その思いを込めました。その時の感想をこのように書いてくださりました。

「前向きに楽しく生きられるヒントを沢山頂きました。ワークショップの後、72時間以内に参考書を購入しました。」

一級土木施工管理技士の合格率の全国平均は約30%(実地試験)。土木のほかに建築・造園の知識が求められるその内容は決して簡単なものではありません。ましてや二人の子育てをしながらフルタイムで働き家事もこなすという多忙な生活の中、試験勉強の時間を確保すること、そして継続して勉強することがいかに大変だったか...決してたやすいことではありません。

そして2018年1月、Nさんから以下のような連絡を受けたのです。

「おかげさまで一級土木施工管理技士受かりました~♪ 挫けそう、怠けそうなときに戒めてくれるマップに励まされました。ありがとう!!」

本当にうれしい報告と、Nさんの頑張りに感動してしまいました。

どうすれば夢が叶うのか?

なぜ目標から目をそらさず、夢を実現できたか...Nさんはキッチンから見える、リビングの壁に自分で作成した夢のコラージュ作品を飾っていたそうです。この作品を見るたびに「頑張ろう」という気持ちになり、勉強が継続できた...ということ。その結果、Nさんは自分の限界・怠けてしまう心を超え、見事に目標達成できたのです!

夢が叶った気持ちを持ってワクワク作品を作る

叶った姿を想像して眺め、目標から目をそらさない...

「夢のイメージを目に見えるカタチにする」ことはとっても楽しい!そしてその効果は絶大!「夢かなマップ」ワークショップを通じ、Nさんにそのことを再認識させていただきました。

実際にマップを作ってみたい!

作るのは大変そうだけどお願いしてみたい...

と思われた方はこちらよりお問い合わせください。

夢をかなえる全集

あなたの未来をアートにして額装します

夢を叶えたい方・起業家向けコラージュアート専門店

Tomorrow Frame

#夢かなマップ #ワークショップ

12回の閲覧