新しい世界への恐怖を超越する


怖いのはあなただけじゃない

夢を叶えるためには…

「できる」と思う・言葉にする・イメージする・行動する

の4つのステップがあると過去の記事で書きました。

でも…行動するって…なんだか怖い。

と夢の途中で恐怖を感じ、しり込みしてしまって積極的に行動に移せない方、多いと思います。

新しい世界に飛び込むって、本当に勇気がいること。怖いと感じるのはあなただけではありません。堂々として見える成功者達だって、実はそこに至るまでに何度も「怖い」と思って来たはず。なぜならば、私たちは「新しい世界が怖い」と思う生き物だからなのです。

なぜ新しい世界を怖いと思うのか?

私たちの脳の「潜在意識」と呼ばれる場所には子供の頃から家族や先生、テレビなどから言われた言葉がため込まれています。「〇〇してはいけない」「〇〇は怖いから」と潜在意識(無意識の領域)に何度も刷り込まれ、自分でも気づかないうちに行動をコントロールされているのです。そして潜在意識の中にはさらに昔、生まれるはるか以前の太古の記憶まで保存されているといいます。

まだ人間が狩猟生活をしていた時代…知らない世界は「死」の恐怖であふれていました。未知の世界には巨大な敵がいたり、滑落の危険があるような場所があったり、はじめて出会う食べ物には毒があったり…「未知の世界=怖いものが潜んでいるかもしれないから十分注意しなければならない」と人々は常にこの考えを意識し、生活をしていました。実はこの「未知のものは怖い」という記憶が潜在意識に刷り込まれ、現代の私たちの行動までコントロールしているのです。

また同時に、そのように注意深く・恐れを抱きながら行動した者だけが過酷な時代を生き延びることができました。注意深く行動できない楽天家の多くは、よく考えずに行動し、敵に襲われるなどして命を落としたのでしょう。過酷な時代を生き延びることができなかったのです。つまり、私たちはみな「未知の世界に警戒して生きる」というDNAを持った者達の子孫なのです。「新しい世界が怖い」と思うのは当然なのです。

現代社会では、未知の世界のすべてが「死」と直結しているわけではありません。ですが、私たちの潜在意識の奥深くに「未知のものは怖い」という情報が刷り込まれているために、新しいもの・未知の世界に対して知らず知らずのうちに恐怖や違和感を覚えてしまうのです。「新しい世界へ行く」という行動がとりにくくなってしまうのはこのためです。

そして「新しい世界に恐怖を感じ行動できない」理由のもう一つ。

人は「想像できる恐怖と想像できない(未知の)恐怖なら、想像できる恐怖を選ぶ」という事実。だから…

性格が合わないパートナーと離婚したいけれど、一人で生活していく自信がない…

嫌な上司から解放されたいけれど、転職して給与や人間関係が悪くなったらどうしよう…

と考え、「わからない恐怖」より「わかる今の恐怖」を選び、現状維持してしまうといいます。

上記より、新しい世界への恐怖は「知らないことへの恐怖」だということが分かります。

どうすれば恐怖を乗り越え、行動できるようになるのか?

「知らないこと・未知のこと」が恐怖を与えているのだとすれば、調べて「知っている」状態にすればよいのです。GoogleでもYahoo!でも、検索すればたいていのことは調べることができます。他にも、同じ夢を実現させた人から「自分が叶えたい夢の世界」についての情報をもらうなど、方法はいろいろあります。

「留学したいけど、生活になじめるか不安で行動に移せない...」

だったら、実際に留学した人のブログを見てどんな問題に直面したか調べてみる、Google Earthで行きたい学校の近くを見てみる、留学生の支援プログラムがあるか調べるなど。知ることで不安が少しずつ解消されていき、「未知」が「既知」に変わっていきます。同時に恐怖が薄れ、行動できるようになるのです。

世の中に失敗はない

これは多くの偉人・著名人が口にしていることです。失敗ではなく、「この選択肢が成功ではないということが分かったのだから、成功に近づいたのだ」「失敗しても得るものはたくさんある」という意味として「失敗はない」と言っているのです。

物事はとらえ方次第。失敗ととるか、「成功の道が分かった」ととるかで、夢に近づけるかどうかが変わります。

「誰だって未知の世界に恐怖を感じる」のだと理解し、わからない世界の情報を集めることで恐怖を取り除き、「失敗はない」と知る…あなたも一歩を踏み出し、ワクワク夢への階段を上っていきませんか。

あなたの夢を目に見えるカタチにするコラージュ専門店 Tomorrow Frame


10回の閲覧